『アイスランドの森』” Icelandic wood”

アイスランド滞在制作での作品。

冬のアイスランドに行く前に立ち寄ったドイツで、ドイツ人から何度も聞かされたジョーク 「アイスランドの森で道に迷ったらどうするか?」「ただ立ち上がればいい!」 (寒冷なアイスランドには高い木が育たないので森がない)を基に作った作品。

滞在地周辺の野原から枯れた植物を集めてきて小さな部屋の中にミニチュアの森のようなモデルを作り中心に電球を吊るした。明かりをつけると部屋の壁に巨大な幻想の森が出現する。電球につながる電線に触れると、影の森はゆらゆらと揺れる。

year : 2014
material : 枯草、電球  dried grass, light bulb
size : 可変 variable

Miyuki Kido